講座ラインナップ

2018年4月発売2018年4月発売

企業会計

本講座のねらいは大きく二つあります。

一つは、財務諸表を読めるようになること、すなわち、財務諸表から必要なメッセージを引き出せるようになることです。細部にこだわるほど全体像が見えにくくなるのが財務諸表。ざっくり読むためのツボを的確におさえることが大事です。

もう一つは、儲けを出すための会計を理解することです。利益にコントロールを与えるための4つの変数を理解し、実践で利益向上に結び付けられるようになることを目指します。

得られるスキル

  • 読み取り力

    財務三表(賃借対照法、損益計算書、キャッシュフロー計算書)が読めるようになります。

  • 経営理解力

    自社や取引先の経営状態や経営改善のポイントが良くわかるようになります。

  • 立案力

    利益コントロールを身につけることで的確な事業計画を立てられるようになります。

こんな方に
おすすめ

  • 管理職で会計・財務分野に苦手意識のある方
  • 今まで会計・財務を学ぶ機会が無かったが、
    一度しっかり学んでおきたい方
  • 新規事業開発に従事している方や、
    新規事業開発をサポートする部門に属している方

コンテンツ構成

1 貸借対照表と損益計算書
1 貸借対照表と損益計算書 1 財務報告書の意義と構成
2 貸借対照表の基本構造
3 流動資産/固定資産
4 流動負債/固定負債
5 株主資本(純資産)
6 模擬演習問題1
7 損益計算書の基本構造
8 売上原価・売上総利益
9 販管費・営業利益
10 損益計算書の事例
11 模擬演習問題2
2 キャッシュフロー計算書
2 キャッシュフロー計算書 12 キャッシュフロー計算書の基本構造
13 営業活動によるキャッシュフロー
14 投資・財務活動によるキャッシュフロー
15 模擬演習問題3
16 フリーキャッシュフロー
17 キャッシュフロー計算書の読み方
18 キャッシュフロー予測
3 財務分析
3 財務分析 19 財務比率分析 -収益性指標-
20 財務比率分析 -効率性指標-
21 財務比率分析 -キャッシュサイクル-
22 財務比率分析 -安全性指標・流動性指標-
23 財務比率分析 -資本利益率の分解-
24 財務諸表が読めるようになるために
25 模擬演習問題4

お問い合わせ
はこちら